ふじメディカル指導監督医Dr.駒井の、あったかい心温まるブログです。
リニューアルしました!!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
頭を使おう

「頭を使おう」

 

                         ー脳細胞を埋葬するな」−

 

人間は生まれた時から既に140億もの脳細胞を持っています。

この細胞は、20歳を過ぎた頃より、1日10万〜20万個位減っていきます。

減ると言っても総数から見たら大した数ではありません。

 

 このように脳細胞は減る一方ですが、実は人間が使っている細胞は全体の2パーセントに過ぎないのです。

あとは使われることなく、眠っている、という事です。

「医療関係 イラ...」の画像検索結果

 人間の能力として「頭が良い、悪い」「記憶力が良い、悪い」「思考が豊か、貧弱」等々、と評価されますが、これは生まれつきの能力ではなく、どれだけ脳細胞を目覚めさせるか、即ちどれだけ一生けんめいやるかということにかかっているのです。

出来るだけ、脳細胞を刺激して、眠りから目覚めさせましょう。

 

 右脳の動きである物を憶える、組み立てる、分析するというハードな頭の使い方と、

左脳の動きである想像する、音楽を聴いたり、美術品をみたりで五感を磨くといったソフトな脳の使い方、

この両方が共にバランスよく刺激できれば最高です。    

 

 

 

| 14:46 | 明日への健康(著 駒井 實先生) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://drkomai.jugem.jp/trackback/29